ハイドロキノンとはどんな美白成分なのでしょうか?

シミ化粧品 > ハイドロキノン入りのシミ化粧品でシミ対策

ハイドロキノン入りのシミ化粧品でシミ対策

シミに悩んでいる人にとって、化粧品など身近なものでシミ対策ができたら非常に嬉しいことだと思います。シミにとても効果的に働く成分がハイドロキノンですが、以前は国内では認可されていませんでした。でも欧米ではとても一般的に用いられている成分で、 シミを消す漂白・美白作用があると言われています。

ハイドロキノンはチロシナーゼ酵素の活動を100倍も抑える働きがあり、 そのためメラニンを生成しにくくなるのです。 日本では2001年までは医師が処方した場合のみ、ハイドロキノンを 使用することができました。 でも2001年以降は化粧品の成分としてハイドロキノンを使用することが 国内でも認められるようになったのです。

ハイドロキノンによってシミが薄くなるのはとても嬉しいことですが、 強力な成分なので副作用などが心配です。 国内でもハイドロキノンの安全性に疑問を持つ人もいるようです。 ですが、研究によると5%以下の濃度であればハイドロキノンを使用しても とくに害があるということはないようです。

ですからハイドロキノンが入った化粧品も、安心して 使うことができるでしょう。 今のところシミに対してはハイドロキノンがもっとも有効な成分なので、 シミに悩む人は使ってみてもよいでしょう。 ただし、こうした化粧品は安心できるお店で購入するようにしましょう。

海外から輸入された化粧品だったりすると、 安全性が確認できないことがあります。 国内でハイドロキノンが化粧品として使われるようになったのは 比較的最近のことですから、注意するようにしてください。 国内で評判の良い化粧品や、万が一お肌に合わなかった時に 返品保証をつけているようなメーカーであれば 安心して使用できるでしょう。

また化粧品によってハイドロキノンが配合されている量が異なります。 使用を開始する前に、どれくらいの量のハイドロキノンが含まれているか、 また他にはどんな成分が含まれているかを確認しておくとよいでしょう。

美白・シミ 何故シミはできるのか

女性にとって大きな悩みのタネであるシミ。様々な種類があるこのシミですが、どうしてできるのでしょうか。シミの原因において、最も根本的なものは、紫外線の影響です。

我々人間の皮膚というのは、古い細胞が死に、新しい細胞が生まれるという、新陳代謝を常に行っているのですが、皮膚に対して紫外線が照射されると、人間の体は、防御反応として、皮膚の中に存在する細胞である「メラノサイト」が、メラニン色素という物質を生成します。

「基底層」と呼ばれる部分で生まれる皮膚の細胞は、45日という周期で、新しい細胞に生まれ変わります。28日という期間で、人間のお肌は、基底層の部分から、表面にある角質層という部分に達します。

角質層に達したお肌は、14日という期間で、いわゆる「垢」と呼ばれる汚れになって剥がれ落ち、その役目を終えるわけです。

こうした、皮膚の一連の生まれ変わりを、「表皮ターンオーバー」と呼びます。細胞の新陳代謝により、表皮が新たに生み出されるわけです。

このターンオーバーが上手く機能していると、元々の白いお肌が復活するという良い影響を与える場合もありますが、不規則な生活やストレス、皮膚の老化といった要因で、ターンオーバーが正常に機能しないことがあります。

この場合、メラニン色素がずっと表皮の中に留まってしまうという現象がおきます。こうなった場合、本来防御反応で作られるメラニン色素なのですが、紫外線の心配が無くなった後も生成され続けてしまいます。

これが結果的に、シミになってしまうのです。ターンオーバーという一つの機能不全が、皮膚に大きな影響を与えてしまう訳です。怖いですよね。

シミというのは、顔や体の目立つ部分にできると、一気にその人の見た目の印象を老けて見せてしまいます。特に女性にとっては天敵と言ってもいいくらいの存在です。なんとかシミができないよう、日頃のケアを怠らないように気を付けるようにしましょう。

美白のための食生活と野菜

肌を健康できれいな状態に保つためには、外部から化粧品などを使用する以前に、体の内側から健康にしていく必要があります。優先順位はこちらのほうが高いのです。そして、体を健康にするために何よりも大切なのは普段の食生活になります。

「炭水化物ダイエット」などの言葉も耳にしますが、栄養を偏らせることは、痩せることにつながるのかもしれませんが、体質をよくすることにはならず、こうしたダイエットををしている人の多くが肌が荒れています。

また、野菜をとにかく多く食べればビタミンを摂取できて肌によい、というのも正しくありません。野菜には体を冷やしてしまう効果もあり、冷たい体では、皮膚の細胞活動を抑制してしまい美肌に良いとはいえないのです。野菜が身体によいことは確かですが、食べ方やバランスも重要になるのです。

例えば、大根やトマト、レタスなどは体を冷やしてしまうといわれています。どちらかというと、生で食べてもよいものが多く、実際生で食べてしまうでしょう。レタスなどを加熱して食べるというのはあまりないですよね。

逆に人参、ニラ、生姜などは体を温める食べものとして挙げられます。加熱して食べるものが多く、風邪をひいたときなどに食べるとよいといわれるものです。

実際にこの違いによって体温が大きく左右されるということでは必ずしもないのですが、この「冷たい野菜、温かい野菜」という考え方は「陰陽五行説」という古来から伝わる東洋の考え方です。冷たいものが「陰」で温かいものが「陽」になります。

美白だけを考えれば、体を冷やさない「陽」の野菜を多く食べればよいのでは、ということになりますが、陰陽五行説自体が、陰と陽のバランスをとれという考え方ですので、偏りは好ましくありません。「陰」の野菜でも食べ方に注意すればよいのです。

つまり、すべてサラダなどで生で食べるのではなく、例えば炒めたり、温野菜にして食べるなど工夫して温かい状態で食べることができればよいのです。もちろん、野菜の中でも食べるものにはバランスが大事です。キャベツばかり食べていても、健康にも肌にも良いわけではないので、注意しましょう。